シロアリ駆除などもできるハウスクリーニングですが、どうやってハウスクリーニング業者に依頼すればいいのかわからないという人も多いです。
現在では電話やインターネットで依頼することができます。

特にインターネットでは便利で、清掃に悩んでいる部分別の掃除方法や見積もりをすることができます。
こういったのを利用するとよりスムーズに行うことができます。

ハウスクリーニングでもシロアリ駆除を行っている専門業者も増えてきていますが、専門業者にシロアリ駆除を依頼した場合はどういった流れで駆除をするのでしょうか、ということを説明していきます。

家の中にシロアリは基本的に薬剤を散布して駆除していきます。
ドリルで開けた穴から薬剤を入れて、木材の中にいる壁の中にいるシロアリを駆除していきます。
木の中や壁の中に薬剤を入れるので、人間に触れることはないです。ですがそういった薬剤に敏感だという人は注意が必要です。
ドリルで開けた穴は当然、駆除が終わった場合は補修します。
それから駆除だけではなく再度シロアリが家の中に入ってこないように薬剤を散布しておいて、同じ被害に遭わないように防御しておきます。
この薬剤による防御は一生続くという訳ではなく5年間の効果があります。

駆除を専門業者が駆除するまでの流れはまず、専門業者が挨拶に来て、準備をします。床下作業をして、完了報告をして終わりという流れです。
専門業者は家に来たら身分を明かすための名刺を渡して挨拶を行います。
それからシロアリ駆除の準備を行います。準備は薬剤散布での駆除の場合は薬剤タンクからホースを伸ばして行います。
薬剤で家を汚さないようにシートで養生をします。ホコリがかかってしまいそうな場所にはビニールなどで養生します。

それから床下作業に入ります。薬剤タンクから伸びているホースを持ち、床下に潜り込み散布します。駆除施行の場合は薬剤散布する前にシロアリに食べられている場所の木材をドリルで穴を開けます。
床下の土台や大引き、根太などに薬剤を散布して、シロアリに食べられている場合は注入します。
床下の土壌表面にも薬剤を散布していきます。コンクリートの場合も表面に散布していきます。

床下作業をしただけでは駆除できていない場合があります。そういった場合は床下だけではなく床上作業を行います。
部屋の中がシロアリに食べられているなどの被害がある場合は、その食べられている場所に薬剤を注入します。
タイル張りのお風呂場の場合は、床の土間部分、壁の立ち上り部分をドリルで穴を開けて薬剤を注入していきます。

床上作業が終わったら駆除で少し汚れた場所を掃除して、養生を外して完了報告をして終わりとなります。

シロアリ駆除もできるようになってきている「ハウスクリーニング」
ハウスクリーニングをしたことがある人もいますが、ハウスクリーニングをしたことがないという人もいます。
ここではハウスクリーニングについて説明します。

ハウスクリーニングとはハウスクリーニングの専門業者に料金を支払うことで家の清掃サービスしてくれます。
ハウスクリーニングの他にも清掃代行サービスという呼ばれ方もしています。
ハウスクリーニングはどういった仕組みになっているかというと、サービスは2種類あり定期サービス、スポットサービスに分かれます。定期サービスは名前の通り定期的に清掃をしてくれるサービスで、スポットサービスは1日だけのサービスの意味があります。
定期サービス、スポットサービスの他にも特定部分だけの清掃を行うサービスや家全体を清掃するサービスなど様々あります。
基本的に利用料金は見積もりで決まります。
見積もりの基準はサービス内容や家の大きさ、部屋の数、汚れの状況、家具の数、家族の人数などです。
実際に家を見て見積もるだけではなく、インターネットで簡易的に見積もりをしている専門業者も多いです。

アーカイブ

Bookmarks